2011年04月24日

豆乳

豆乳とは


ゆでた大豆をすりつぶして絞った汁のことです。

この豆乳を にがりを混ぜると

固まって 豆腐になります。


高タンパク質ノーコレステロール 

ダイエットにもオススメの健康食材です。

 
豆乳の種類は3タイプに分かれます。


無調整豆乳…大豆を絞ったままの濃度の高い豆乳
   (大豆固形成分 8% 以上)


調整豆乳…糖類など加えて飲みやすくしたもの
  (大豆固形成分 6〜8%)


豆乳飲料…果汁などを加えたもので、濃度は無調整の半分ほど
 (大豆固形成分 4〜6%)


豆乳の栄養素も

色々種類があります。


・イソフラボン


女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする注目の成分です!

ホルモンのバランスを保つほかに、
コレストロールの抑制作用もあります。

生理不順、更年期障害の症状緩和や

その他に腫瘍の増殖を抑える働きがあるので

乳がん、前立腺がんの予防になるのではと注目されています!



・大豆たんぱく

大豆たんぱくは、脂肪燃焼を高める効果があります。

それにより基礎代謝を上げる働きを助けてくれます。



・レシチン


細胞の働きを活性化させたり、

悪玉コレステロールや中性脂肪を老廃物と排出します。

またイライラを抑制する働きもあります。



・サポニン

大豆に含まれる有効成分で、
強い抗酸化作用を備えています。

体に害を与える活性酸素を抑制する効果があります。



・オリゴ糖


糖質の1種で、小腸に吸収されずに大腸まで届きます。

善玉菌を増やす作用が働くので腸内環境が整って

便秘解消にもつながります。





posted by saya at 16:20| 豆乳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。